職歴が無い人でもOKの転職サイトはある?

職歴が無い人が転職するということ
職歴が無い人といっても、年齢によって転職事情は大きく変わります。大学や高校を卒業して職歴が無い場合には、新卒と同じ扱いをしてくれる企業もありますし、仕事をしていない人という厳しい評価を下す企業もあります。職歴が無い期間が長く、年齢が30歳を超えてくると転職は非常に厳しくなります。しかし、それまでにアルバイトを継続していたなど、働いた実績がある場合には職務履歴書に詳しく実績を書きましょう。経歴を書くときには第二新卒用の職務経歴書がコンパクトで参考になります。すべてのアルバイトについて書く必要はありませんが、転職先の仕事内容に関係のあるものや長く続いたものなど、実績を挙げやすいアルバイトについて書くとよいでしょう。

職歴なしでも利用できる転職サイトとは
基本的にはどの転職サイトでも登録は可能です。しかし、職歴が無い人の場合、思うような求人が見つけられないことも多いはずです。関東近郊にはなりますが、「ハタラクティブ」という転職サイトは、フリーターでも応募可能な求人を集めた転職サイトです。地方の人が上京して就職したいという場合にも、面接日時の設定をしてくれるなどして就業を支援してくれます。リクナビやマイナビといった大手の転職サイトでも、未経験OKという求人であれば応募可能になりますが、職務履歴書を空欄にせず、アルバイトなど働いた実績をきちんと伝えることで成功する可能性は高くなります。

転職エージェントは職歴無しでは利用できない?
職歴が無い人は通常の転職サイトではなく、キャリアコンサルタントにサポートしてもらうタイプの転職エージェントを利用することをオススメします。転職エージェントにも様々な会社がありますから、中には求人紹介を断ってくるところもありますが、親身になって対応してくれるところは必ずありますから、多くの転職エージェントに登録してみましょう。転職エージェントと同時進行で、地元のハローワークでも職業紹介を受けながら転職活動を進めていくと効率良く進むのでオススメです。

20代後半が転職サイトで注目するポイント

20代後半が転職のリミットって本当?
20代後半から30代にかけて、転職のリミットと言われますが、そうとは言い切れません。何歳になってもキャリア次第で転職は可能です。20代後半は20代前半に比べてキャリアも積んできていますから、企業として「は成長株であり即戦力にもなれる」という最も欲しい年代であることは確かです。ただ、「成長」に期待する企業であれば、30代に差し掛かる頃を目安に年齢に区切りをつけて募集する傾向にあります。転職のリミットとは言い切れませんが、求人数に関しては20代後半が最もピークで、30代、40代と年齢が上がるにつれて応募できる求人数も少なくなっていきます。

20代後半になっても未経験の場合には転職が難しい?
未経験からの転職では、これからの「やる気」とこれまでの「経験」を活かすことをアピールしていくことが大切になります。20代後半は前半に比べると社会人経験も長いため、アピールできる経験はたくさんあるはずです。異業種への転職であっても、前職で学んだことを活かすことは十分にできますので、何を学び何を活かすのかを明確にアピールしてください。自分自身のことが見えていない人も多いので、転職を考え始めたらまずは「自己分析」をしてみましょう。自己分析によって、自分の強みがはっきりと見えてきます。

20代後半の人にオススメの転職サイト3選
20代前半と同じく、知名度で「リクナビ」や「マイナビ」が人気です。リクナビには、リクナビ限定求人があります。限定求人とは他のサイトには掲載されていない求人ということですから、応募者も限定されるということになり転職が成功しやすいといえます。マイナビは転職支援サービスが充実していることで人気を呼んでいるサイトです。スカウトメールや履歴書の書き方、面接のポイントなど役立つメールで転職を支援してくれます。「DODA」も20代後半に人気があります。全国各地で転職フェアを開催している他、キャリアがどの企業に通用するのかという合格診断も人気です。